FC2ブログ
CalendArchive



プロフィール

seikaiji02

Author:seikaiji02
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



誓海寺
かほく市内日角 真宗大谷派 醒井山誓海寺  

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほとんど更地
先週の土曜日くらいから、庫裏の解体が始まりました。庫裏はがちゃんと壊すだけですので、早いと思っていましたが週明けにはもう跡形もありませんでした。生まれ育った家がなくなるのは寂しいものですが、あまりにも解体が早かったために感傷に浸る島も与えてくれませんでした。

御堂のほうは、丸柱などを再利用するために、順番に解体していきましたが、それでも瓦の取り外しからわずか数日であっという間に跡形もなくなってしまいました。途中、柱だけの骨組みだけになったときに気付いたのですが、屋根部分の柱はどれも曲がっているものばかりでした。今みたいに真直ぐな直方形の柱は一本もありませでした。おそらく昔の宮大工は、そういった曲がった柱をどこにどう使うかを長年の経験や勘などで判断して、建造物としてのバランスを考えながら、組み合わせを決めて建築していったのだろうと思われます。今みたいな計算式やコンピュータもない時代ですから、当時の宮大工の才能に思いはせると、とても感心させられました。

今朝は雪でした。ほとんど更地になっている跡地を歩きますと、庫裏のある部分の基礎はなんだかとても狭い場所に見えました。人間は立って半畳、寝て一畳とも言われます。住んでいるときは広いと思っていた庫裏ですが、基礎コンクリートだけみると、こんな小さな場所で生きていたのかと実感させられました。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。