FC2ブログ
CalendArchive



プロフィール

seikaiji02

Author:seikaiji02
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



誓海寺
かほく市内日角 真宗大谷派 醒井山誓海寺  

祠堂経に寄せて2019
祠堂経によせて

昨年、私は五十歳になりました。

まだまだ若いつもりでしたが、目はショボショボし、
「字が小さすぎて読めない!」と思わず叫びたくなります。
幸いこれといった大病にはかかっていませんが、これから病院通いも始まるかもしれません。
皆様にご迷惑をおかけするかもしれませんが、そうならないようにできるだけ健康に気を付けたいと思います。

厚労省が発表する昭和四十三年生まれ男性の平均寿命は、69・05歳です。
私の余命は、残り二十年弱となります。
「おや?」
と思われた方もいるかもしれません。

昨年7月のニュースでは、
「日本人の平均寿命は女性が87・26歳、男性が81・09歳でいずれも過去最高を更新」
とありました。
実はこのニュースは昨年0歳の人が、統計に基づいて平均であと何年生きるかという「平均余命」の見込みを推計して、
平均寿命として発表した、ということです。

平均死亡年齢と誤解している人が多いので、毎年流れるこの平均寿命のニュースは、誤解を招きやすいと思います。
平均死亡年齢を知りたいと思い、厚労省や保険会社のウェブサイトを調べたりしましたが、私の知る限り、どこも発表していません。

じゃ、私の余命は二十年弱ということなのかと少しがっかりしていると、厚労省は五年に一度「完全生命表」というデーターを発表していることが分かりました。

これは国勢調査の結果をもとに各年齢の人が、あとどれだけ生きる可能性が高いのかを示しています。
2015年発表の完全生命表によれば、現在五十歳の男性は、平均32・36歳の余命があるそうです。
「なんだ、平均寿命とあんまり変わらないな」と、ほっとしました。

だからと言って、私自身の余命や死亡年齢は、誰にも分かりません。
本当はこれが一番知りたいし、これが分かれば平均の数値なんて知らなくてもいいくらいです。
あらためて、いつ尽きるのか分からない命をいただいているのだと思います。
もうひとつ感じるのは、分からないからこそ身体が動くあいだは動いていきたい、ということです。
いずれ動きたくても動けないときがくるからです。

さて今年の祠堂経についてですが、今回は案内のチラシを作りました。
そこに、あらためて祠堂経の意味と今回の布教使の紹介をしました。是非、ご一読ください。
是非お誘いあわせのうえ、お参り下さい。
身体が動くあいだに、是非一度お寺に足をお運びください。

【お知らせ】
毎月第四土曜日を基本として、英語を通しての交流会(メリケンアワー)を始めてから一年が経ちました。
ケリン先生の魅力のおかげで、毎月たくさんの子どもたちが集まります。
 十月のハロウィンイベントの時には、子ども約三十人、大人約二十人が集まり、大盛況でした。

平成三十一年三月三日
誓海寺住職 醒井秀和
スポンサーサイト